Home>3000万貯金のこと >はじめての貯金スタート

はじめての貯金スタート

ということで、「とにかく6000万貯めるんだ!」とワケもわからず思った私。
今考えてみると・・知らぬが仏・・恥ずかしいばかりです。まあ結果オーライかと、、、

6000万についていろいろ考えた末・・・といいたいところなのですが・・
これといって深く考えず会社の事務の方に聞きました。
「あの~・・・貯金したいんですが、どうしたらいいですか?」
事務の方に聞いたのは「偶然」で、ちょうど側にいたからです。
が、これが私の成功の2つめでした。

あとで知ったのですが、この方(当時30代前半)株か何かで5000万ほどの資産家。
つまり、「運用のスペシャリスト」だったのです。
事務の一番エライ方でしたから社内預金のこと(メリット)は誰よりも詳しかった。

「ふーーんあっそう。まだ給料少ないよね。でもアナタ自宅通勤よね?」
「じゃあこれに記入して、えーっと○△□×・・・・」

と、詳しい説明を受けたのですが、とにかく早くてわからなかった。
(その方パソコンはブラインドタッチでした)
(だからといって2度とは聞けない雰囲気でした・・・)
それで、正直に給料の額を言ってすべて決めてもらいました。
私は、言われるがままサインと印鑑をおして完了。

それが、年間100万近い貯金だったのです。「財形貯蓄」のスタートでした。
今はウソのような話なのですが、この財形。1万円貯金すると8%も会社が金利を
つけてくれるものでした。1万円ごとに800円(年間上限あり)すごいことです。

ちなみにそのとき、貯める気マンマンだったので・・・「キツイ」ってことに気付かず・・
後日相談したら・・・

月5万は、「家賃だと思いなさい!1人暮らしの人はみんな払ってるのよ!」といわれ
ボーナス15万は、「ボーナスのない会社だと思いなさい!」
あまりのコワさに納得。

・・・まあボーナスも給料も当時は今と違って、下がることはなかったというのも1つあるのですが、
こうしてラッキーな方に^^;アドバイスを頂いて私の貯金の旅が始まったのです。

ここで大事なことは、本当にやっている人からアドバイスをもらう!
どんな分野のことでも、これに限ります^^


 貯金成功のポイント

line33.gif
 確実に貯めるには、財形貯蓄を「給料天引」にすること
 年間目標額を決め月で割る。少しキツイくらいで設定する
 実際に貯金に成功している人に、アドバイスをもらうこと!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://yutori.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/17
Listed below are links to weblogs that reference
はじめての貯金スタート from 1000万貯めてゆとりの暮らし

Home>3000万貯金のこと >はじめての貯金スタート

Search
Feeds

Return to page top