Home>3000万貯金のこと >家賃貯金が加速させる!

家賃貯金が加速させる!

着々と「財形貯蓄」だけしていた私。
「ちゃんと私貯金してるもんねー」と思っていました。

あるとき、お風呂のなかで・・ふと気がつくのです。
「あれっ?・・・年間100万だったら10年で1000万よね?」
「ということは・・・ろっ6000万まで60年。私83歳じゃん!」

気づいて良かったのか悪かったのか(笑)そりゃ~びっくりしましたよ。83歳ってことに!
6000万という金額の大きさをそのとき、ちょっとわかりかけたのでした。

「そりゃいかん」ってことで、母に聞いてみたら・・・
「あんた家賃払ったら」(かなりあっさり)
「・・・・・」

そう!幸い私は自宅通勤というありがたい状態でした。
そこで、財形とは別に3万円を貯めることにしました。

これも、私の成功の理由の3つめ。
ちなみに当時母には、食費だけ(2万円)しか払ってなかった。

「住宅費」って年間にするとすごい金額です。
1人暮らしをすれば、家賃・光熱費・雑費・通信費などで月7~10万くらいは
かかるのではないでしょうか。

つまり、これがなかったら、「年間約100万」は、比較的簡単に貯蓄できるのです。
といっても、もちろん1人暮らしの経験も大切だと思っています。
けれどいつか独立するのですから、自宅通勤が可能ならその時期はそうしておいて
将来のゆとりの暮らしに向けて、しっかり貯めることも1つの選択。

私自身も、25歳で転勤になりました。自宅通勤は約3年でした。
その時・・・まあ住宅探しがめんどうだったこともあるのですが、「会社の寮」を選択しました。
もちろん1人暮らしの方がいいのですが、私にはすでに「目標」が決まっていたから。
入寮すると、家賃は5000円でした。たったの5000円!
さらに、住宅手当が(確か)1万円。ということは、5000円もらってました。

その後結婚してからも、もちろん「社宅」利用。(そりゃ~悲しくなるくらいボロボロでしたよ)
でも、すべて家賃貯金したおかげで、すごいスピードでお金が貯まりだしたのです。
若いうちは、少々ボロ家でも、手作りの家具をつくったり、ペンキを塗ってみたりすることも、
今考えたら楽しかったのかなあと思っています。

ある程度、まとまったお金があると「車」を買うときも「現金」
お買物もカードで「翌月1括で」って感じ。100万でも、200万でも現金で。
ときどきお店のおじさんが「げっ現金ですか」って驚きます(笑)

金利という「余計なお金」を払わなくてよいのです!

それから、銀行にいっても「大口定期」になると、銀行の方が来てくれて。
「金利」も他の人より優遇され・・・その分また「貯まる」という。

その時思ったこと。
「お金をもってると、余計なお金を使わなくてすむ。そして、何かと優遇される」
なんだか気持ちがブルーになった頃でした。
(なんだかなーと思ってしまって・・・)

でも、私にできたことですからホントにホントにちょっとした気づきで誰にでもできることです。
本気で貯金したいなら・・・今の生活を見直さなければなりません。
選ぶ道は、2つしかない。

収入を増やして貯めるか。
今の収入のどこかを見直して貯めるか。
どちらもできれば最高ですが・・・

「家賃」が高い方は何よりも見直す必要のある項目です。
だって、年間にしたらすごい額じゃないですか?

「会社の施設や制度」をもう1度調べてみるのもよいかもしれませんね?
あるいは、家賃が安いところに移る。
もちろん移転に伴う費用がかかりますから、計算して実行する必要はありますが・・・

独身の方や夫婦だけの場合狭くても、少々古くても工夫次第。
将来快適なお家が欲しいなら、我慢なさい!

「新築」にこだわったり「便利」を選ぶなら、快適な我家は遠くなっていきます。
友達の付き合いを我慢して貯めるより、「家賃」という高い固定費を下げる!
そりゃ~ちょっとボロになるかもしれないし、不便かもしれないけれど・・・
それくらいのリスクを乗り越える。そして楽しむくらいでいて欲しいのです。



 貯金成功のポイント

line33.gif
 
毎月の固定費・・例えば「家賃」が安ければ、年100万円すぐに貯まる!


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://yutori.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/18
Listed below are links to weblogs that reference
家賃貯金が加速させる! from 1000万貯めてゆとりの暮らし

Home>3000万貯金のこと >家賃貯金が加速させる!

Search
Feeds

Return to page top