Home>3000万貯金のこと >保険の賢い選択がカギ

保険の賢い選択がカギ

ワタクシ、38歳まで保険に入っておりませんでした・・・
結論からいうと、今は「掛け捨て」「月2,970円」の保険に入りました。

入院をしたら・・・1日めから、
3割負担の部分をすべて出してくれ
差額ベッド代
高度先進医療費
交通費
食費もすべて負担してくれ
しかも雑費として、1日4,100円もらえます
ナント、この2,970円には、ガン保険も入ってる
注)1日1万円でる・・という保険とは違います。
(これは、かかった費用は全て負担してくれて、その上に4,100円でるのです)

というのに入りました。病気にかかるかもしれない年齢ですし。
入院した場合1日の平均医療費は、15,000円ってことで、
負担は年々大きくなっているし、日本の医療費は非常に安いレベルらしく
今後増加するのは目に見えているので。

(2007/10/28追記)
07/4月に2度入院しました。
1度目は、ベビーの心音が下がったための入院(3日間)でした。
こちらは、入院費は食事も含め全額支払われました。
もちろん4100円×3日分はプラスです!

2度目は、緊急帝王切開にて入院(7日間)
こちらは「出産」なので、当然帝王切開部分だけなのですが
それでもほとんどカバーされました!(確か払った額の8割くらいかな・・)
出産育児一時金の35万円がそっくり貯金できました。
差額ベッド代がでますので、個室でゆっくり。食事代も支払われました。
(追記おわり)


昔から、「生命保険」に疑問をもっておりました(笑)
友達に聞くと、「15,000円/月払ってるよ」なんてザラですよね。
結婚してたら、「2人で3万ちょっとかな」とか・・・
さらに1世帯の平均保険加入額は、年50万(!)だそうです。
最近は、保険料が支払えず「解約」になるケースも多いとか・・・

さて・・・あなたはなぜ、保険に入っているのでしょうか?
どんな保険に入っているのでしょう?どんなライフプランなのでしょう?
それによって、いろいろなケースに分かれるのです。

独身の頃・・・
就職したら、友人たちはみんな「生命保険」にすぐ入っていました。
保険の方の「皆さんこれに入ってますよ~」という一声で。
まさに、バレンタインデー=「チョコ」状態。・・・・・

たまたま母が「簡保にしなさい」といっていたので私はその場は逃れましたが、
今考えると独身でまだ両親も若くてもしものことがあって私が死んでも、
別に生活に困ることはないわけです。

当時少し貯金もあったし、病気になっても1割負担(昔はよかった・・)だし。
100万かかっても、10万払えばいいし。
高額医療になったら、払い戻しされるし。

よーく考えたら、損害保険は別としても(交通事故はいつ起こるかわからない)
病気での「医療保障」は必要であっても、「死亡保障」はギモンです。
もしかけるとしても、「掛け捨て」で充分。

「死亡保障」は、ライフプランにあわせて、いつでも増やすことができるん
ですから。

ちなみに、海外旅行の時に「ツアーのパック保険」っていうのがあるでしょう。
あれは、すごーーーく・・・おすすめできないんですよ^^;
あまり、悪くいいたくないので、「私がどうしているか」を書いておきます。
まず、旅行を扱うカウンターかもしくは保険会社でもいいかもしれません。

そこで、「自分で選ぶ海外保険に入りたいんですが」といいます。
あるいは、「パックでない保険にはいりたいのですが」

そうすると、海外の「滞在期間」「携行品の金額」「病気になったときの保障額」
などなどで、保険の金額が決まっています。

例えば、滞在期間が1週間なのにパックの保険は2週間分かけていたりします。
7日間で選ぶと、ぐーんと安くなってくるのです。
携行品も、10万ももっていかないのに、500万の保障になっていたりします。

そういうのを見直すと、ハワイ行き1週間でパック保険は8000円弱でしたが・・
私が、自分で選んでかけた合計は、1600円くらいでした。
(ちなみに、これでも相当充分な内容でした)

このようなことは、実は、損保も生保にもあるのですが、販売の方は
あえて、教えてはくれません。

話は、戻りますが・・・
私は、保険を否定しているのではないのです。
ライフプランや今の貯蓄をよく考えて選ぶことを提案したいのです。

小さな子供がいたら・・・
自分が居ないと、収入がなく生活していけない人がいるなら別。
それは、お金を残す必要があります。
(それでも、ご主人だけでいいような気もする^^)
ちなみに我家は、ある程度の貯蓄があるので私の生命保険は不要です^^

いずれにしても、生涯で考えると保険ってものすごく高額のお買い物。
計算してみてください。
家族で1000万以上払ってたりします・・・

かけても、支払ってくれない保険会社になぜそんなに払うのでしょう??
保険未払いが話題になってますよね・・・

毎日の節約をするより、こういう大きな額の見直しをすることで
もうケタ違いの節約ができるのです。

今や入院は2週間以内がほとんど。時代にあったものになってますか?
めんどうでも、びっくりするほど差が出るのです。
ぜひ保障内容をしっかり把握して、必要なものだけに見直しましょう!


 貯金成功のポイント

line33.gif
 
保険は、トータルで非常に大きな額のお買い物!安くて補償の厚いものを選べば、
 その分貯蓄できます。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://yutori.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/20
Listed below are links to weblogs that reference
保険の賢い選択がカギ from 1000万貯めてゆとりの暮らし

Home>3000万貯金のこと >保険の賢い選択がカギ

Search
Feeds

Return to page top