Home>こっそり差がつく貯金法 >来年度に医療費自己負担は4万円に?

来年度に医療費自己負担は4万円に?

ヤフーニュースで見つけました。あくまで検討に入ったということです。
今の政府にできるのか?はとても疑問です・・・

(ここから抜粋)
政府は8日、医療費の窓口負担が一定額を超えた場合に払い戻す高額療養費制度について
70歳未満の年間所得約300万円以下世帯(住民税非課税世帯は除く)の負担上限額を
現行の月額約8万円から月額約4万円に引き下げる方向で検討に入った。

年内に厚生労働相の諮問機関「社会保障審議会」で具体案をとりまとめ
2011年度にも実施したい考えだ。
新制度の適用を受ける対象者は、3000万人程度と想定している。

現行制度では、70歳未満の高額療養費の自己負担の月額上限額は、所得に応じて、
「住民税非課税世帯」は3万5400円
「一般所得世帯」(年間所得600万円未満)は約8万円
「高額所得世帯」(年間所得600万円以上)は約15万円となっている。

高額療養費の対象となるのは、がんや神経性難病などの患者が多く、過去12ヶ月以内で
3回以上、高額療養費の支給を受けた場合は4回目から半額程度に軽減する特例が設けられている。

しかし、最近は景気低迷で医療費負担に苦しむ患者も増えていることや、効き目が大きい高価な
抗がん剤が普及してきたことから、一般所得世帯のうち、約1/3を占めると見られる所得世帯の負担軽減が必要だと判断した。

厚生労働省によると、高額療養費は、医療費ベースで年1.6兆円(2007年度)。
同省の試算では、年間所得約300万円以下の世帯の上限額を半額に引き下げることで、
医療費ベースで4000億~5000億円程度、国庫ベースで1000億円以上の財源が必要となるという。
実現に向けては財源の確保などの課題がある。

◆高額療養費制度=1ヶ月の医療費が自己負担の上限額を超えた場合、超過分が払い戻される制度。現行では自己負担の上限額は所得水準によって、70歳未満で3段階、70歳以上で4段階に区分されて
いる。例えば、60歳の患者が腹痛により7日間救急病院に入院すれば、医療費は約42万円、3割負担で約13万円かかるところ、自己負担は約8万円にとどまることになる。

最終更新:5月8日14時40分
(ここまで抜粋)


現在では1ヵ月に8万円は自己負担になるところ、4万円になれば家計はすごく助かりますね。
なれば。ですが・・・
今の政府の状況では限りなく可能性が低く、また実施されてとしても他にしわ寄せがくるような。
まだ検討段階ですので、期待せずに待ちたいですね。

ちなみに、この高額療養費の還付がありますので、基本的な医療はどんなに高額でも
自己負担は月に8万円。ということではありません。

この還付は、あくまで保険適用分のみです。
いわゆる先進医療というより体に負担の少ない、すぐれた治療の多くは、「保険適用外」なのです。

例えば、ガンに非常に有効だということで国立がんセンターでも行われている
陽子線治療の費用は・・・もちろん保険適用外で

2,883,000円(!!!) です・・・

これにつきましては、高額療養費の還付になりません。
先進医療は、適用されないものも多々あるのです。
適用されない先進医療を行うときは、医師から告知があります。

本来は、これらの保険適用外の先進医療を無くして、どんな方でも3割負担と
月8万円以上は還付されるようにしてほしいものです。


入院時に例えば3割負担で30万円かかった場合
8万円は自己負担で22万円は高額療養費で還付されます。
(ただし、1ヵ月=1日~30日の期間での入院の場合です。2ヵ月にまたがった場合は別です)

私が加入している医療保険は、
この8万円の部分を実費補償として支払ってくれます。
あと、必ず自己負担となる(高額療養費で還付されません)食事代・差額ベッド代・交通費なども
すべて支払いをしてくれます。
それに雑費として1日あたり4100円。ガンのときは1日あたり11100円。
3割の自己負担分を払ってくれた上で4100円(11100円)払われますので完全プラスです。

そして。
高額療養費還付にならない先進医療を受けた場合も300万円までは支払われます。
この上限は自分で決めることができます。
またガンの通院にも対応してくれます。

それで、3000円弱/月の保険料です。(掛け捨てなので)
すでに出産で2度入院しており、全額支払われました。(出産部分以外)

私個人の考え方ですが、医療保険は掛け捨てで補償の厚いものを選ぶのがよいと思っています。
今の医療にあったものになっていますか?

まさか?免責7日間とかついていないでしょうか?
これは、入院して7日は保険代が支払われない、という約束をさせられた保険です。
最近は先進医療や政府の規制で入院期間はどんどん短くなっています。
胃がんでの胃全摘出でも2週間ちょっと。
7日免責がついているものは、実質なにも支払われない可能性があります。
今や1日目から出るのが当たり前の時代です。

話はややずれましたが、保険代というのは意外に無駄に払っていることが多い項目です。
保険はいろいろなパーツを組み合わせてできているのですが、パックになったものを
進められるケースが多々あります。
小さくパーツを選んで、自分にあったものにしていくと保険料はどんどん安くなるのです。

ということで、先進医療も含めてしっかりしたものを選んでも掛け捨てですと月3000円で
収まります。それ以外の保険料は払っていない代わりに、貯蓄しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://yutori.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/61
Listed below are links to weblogs that reference
来年度に医療費自己負担は4万円に? from 1000万貯めてゆとりの暮らし

Home>こっそり差がつく貯金法 >来年度に医療費自己負担は4万円に?

Search
Feeds

Return to page top