Home>Photo blog > | flowre >子宮頸がんワクチン小6に初の集団接種

子宮頸がんワクチン小6に初の集団接種


IMG_3429s.jpg
エゴノキの花すごく可愛いー。下向きに小さく優しく咲いています。


上記タイトルですが、毎度のヤフーニュースで見ました。
栃木で市がワクチン代を負担してくれるとのこと。
(ここから抜粋)
栃木県大田原市で13日、小学校6年生の女子児童を対象に子宮頸(けい)がん予防ワクチンの
集団接種が始まった。1人当たり4万5000円の費用を市が全額負担する集団接種は、市などに
よると全国でも初めてという。来年度以降も続ける方針。

市によると、市立小23校で来年1月までに、6年女子334人のうち希望者329人に接種する。
福祉政策に力を入れており「女性の命を守ることは少子化問題の観点からも重要」として
公費負担を決め1人3回分、計約3000万円を10年度予算で賄う。
初日は金丸小の10人が接種を受け「がんになるのはいやなので、注射してよかった」
「思ったより痛くなかった」と話したという。

立ち会った自治医大の鈴木光明教授(産婦人科学)は「接種率を上げるには集団接種が有効で、学校での接種は素晴らしい」と話した。
子宮頸がん予防には若年層へのワクチン接種が有効とされるが、3回で計5万円前後の費用がネックになっている。
(ここまで抜粋)


本当にすばらしいことですねー。この輪が広がっていきますように。
私も娘がこのくらいの年齢になったら必ず接種させます。
10代で接種しておくと、70%の予防効果があるのだそうです。
予防できるガンなのですから、受けなければ。

海外ではすでにあたりまえのワクチン接種です。
栃木県大田原市が、はじめてくれたことで同じように集団接種にしていくところが
急増することを願いたいです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://yutori.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/66
Listed below are links to weblogs that reference
子宮頸がんワクチン小6に初の集団接種 from 1000万貯めてゆとりの暮らし

Home>Photo blog > | flowre >子宮頸がんワクチン小6に初の集団接種

Search
Feeds

Return to page top