Home>FXトレードノート >サインに従うトレード継続

サインに従うトレード継続

IMG_2643s.jpg6/1-2
相変わらずレンジのようです。
ここ最近プライペートが忙しくてPCに座ってゆっくりトレードできていない。
チャートをざっと見て、仕掛ける(仕掛けないときもあります)
基本はいつもと同じ、時間足。
結果・・・・普段よりずっと成績がいいのです^^;
理由は、早い利食いがないこと。
時間足に一切逆らっていないこと。
つまり、余計なことをせずチャートに従えばそうなるのだ、ということを表しているのです。
今日は160pipsと100pips。他小さな仕掛けがいくつか。
200pips/1日 前後が平均だと思うのですが、1日も2日も上回っている。

今日は朝から夕方まで外出。
昨晩時間足がショートサインを出していたので、
ユーロ,豪ドル,ユロドルに売り仕掛けをしておいた。

余計なことをせず、サインに従えばいいのだ。かつノンストレス。
チャートを自分の目で見ること。
究極のトレードはルールに従うこと。

IMG_2643s.jpg6/3
忙しくてちょっぴりチャンスを逃してしまったようです。
そんなときは、スキャルで。
+3000+800+1000+4200+2600+0+1500+0+3000
という感じで終了。
相棒のDealBookが立ち上がらない為、セントラル短資FX でスパンモデルを見ていたのですが、
スキャルの場合はDealBookが慣れているし、見やすい。
なんとなく、しっくりこないまま終了。
米ドルは92.78まで買われた。明日は雇用統計がある。
戻りだとするなら、時間的にはいっぱい。そのまま上がってくれるのが希望ですが^^;
動きたいように動く相手なのだから、ついていくしかない。

IMG_2643s.jpg6/8
忙しくしており、スキャルのみの日々です。小さくやっております。
さて。本日はチャートにやや変化が見られます。
けれど、上がろうとしたときにユーロ圏のネガティブなニュースにより円高へ。
まあチャートに従うなら、ショートだったわけですが、そのチャートに今は変化が
見られますのでここは様子見。

span3.gif
現在の相場を牽引しているユーロドル時間足スパンモデル
黄色の丸のところ、遅行スパンが実体ローソク足を下から上に突き抜けてきました。

またローソク足が(右の黄色まる)ゾーンの中に入ってきました。
これは売り圧力が弱まっていることを示しています。
つまりブルベアといいますか、保ちあいに入ったところです。
ここから、上か下か?まだわかりません。

現時点ではまだ売りサインです。
遅行スパンが再び実体ローソク足を上から下へ抜けて放たれれば
下落相場再開ということになります。

どっちなのか?を予想する必要も、あてる必要もなく、
遅行スパンが放たれた方向へついていけばいいのです。

IMG_2643s.jpg6/9
もちろん!サインに従ってます。
本日は豪ドルの買いサインが点灯しました。
75.13でロングして90pipsで終了。
このトレードは移転したBBSにて書くことができました。
久しぶりのスキャルではないトレードです。
そしてその後、スキャルにて2000円ほど。
今米ドルが微妙な位置にいますので、様子見しています。
スパンモデルはすごい。
サインがでて、ブレイクする前は小動きになります。
当然、サインと反対にブレイクする確率もある。
ただ、そのときは、ドテン。と決めていました。
そして、上にブレイクしたわけですが、まだ米ドルに買いサインが灯りません。
ドルクロスが上がっているワケで米ドルの上値が重い。
となるとクロス円は下げ渋りますが、上がってもいけない。

さー、米ドルの動きで決まりそうです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Comments:3

Yukie Author Profile Page 2010年6月 2日 20:18

いつも楽しく拝見させて頂いています。
はじめてコメントします。

Haruさんは、『マーフィーの最強スパンモデル』
を使いはじめて、ご自身のトレードがどう変化したと思わ
れますか?又、スパンモデルはエントリー、エグジットは
はっきりしたポイントがあるのでしょうか?

よろしければ、使ってみての感想などをUpして頂けると
幸いです。

haru Author Profile Page 2010年6月 3日 19:15

Yukieさまへ
コメント頂きありがとうございます。
まず、トレードの変化ですが、損切りが激減しました。サインに従った時は短期のときもありますが、ほぼその方向へ動くのです。利が乗るとすぐに建値SLを置くので動きが反対になれば、建値で決済されるようにしています。また意味のないエントリーも激減しています。

エントリーはサインが出ますのではっきりしたポイントはあります。が、エクジットはトレードスタイルにより異なりますし、決済というのは、ある意味損切りよりも難しく感じますね。マーフィーさんによれば、原則はロングポジはショートサインがでるまで。逆もしかりです。この場合トレンドの強い相場では威力を発揮しますが、レンジの場合は損切りになる可能性をはらみます。まずは無料で使えますので、センタン・マネパなどで確認されて見てください。また不明点がありましたら、いつでもご質問ください^^

Yukie Author Profile Page 2010年6月 4日 08:38

haruさん、丁寧なお返事ありがとうございました。

決済難しいですね、早かったり遅かったり・・・。(悩)
そして、私の場合あらぬところで損切に引っかかっち
ゃったりしています。(笑)

>センタン・マネパなどで確認されて見てください。
一度使ってみますね。わからないことがあったら質問
させて下さい。

ありがとうございました。

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://yutori.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/75
Listed below are links to weblogs that reference
サインに従うトレード継続 from 1000万貯めてゆとりの暮らし

Home>FXトレードノート >サインに従うトレード継続

Search
Feeds

Return to page top