Home>はじめてのFX > | スパンモデルについて >スパンモデルのサイン検証

スパンモデルのサイン検証

マーフィーの最強スパンモデルのサインについて継続して検証しているのですが、
記録しておきたいと思います。

サインはいつもそのとおりになるわけではありません。
トレンドのある相場では、最強のサインとなりますが
レンジ相場では、サインが逆になることがあります。


トレンド相場なのか?レンジ相場なのか?の判断が必要なのです。
誤解がないように書いておきますが、スパンモデルはトレンド相場に最強のチャートです。
50pips程度を狙う場合は、あまり気にしなくていいような?
あるいは、トレンド相場なのか?レンジ相場なのか?わかりにくいとき。
そういうことも含めて検証していきたいと思います。

スパンモデルの掲示板に参加している方へは、赤と青のラインが時間足でクロスした際に
メールで知らせてくれるサービスがあります。
それを携帯に届くように設定しています。
下記は、携帯に届いた日時・通貨・売買・値・その後50pipsの利益をとれたか?です。

日付 時間 通貨 買売 50pips 備考
07/13 09:06 豪ドル円 77.923 ×
07/13 08:00 豪ドル円 77.633 × -29pips
07/13 06:25 豪ドル円 77.786 建値SL(+21.4pips)
07/13 06:00 豪ドル円 77.606 × -18pips
07/13 02:00 米ドル円 88.506 建値SL(+48.6pips)
07/12 08:59 ポンド円 133.885 達成
07/09 20:59 ポンドドル 1.51524 達成 レンジブレイク
07/09 17:59 ポンドドル 1.51951 × -42.7pips
07/09 15:59 ポンドドル 1.51880 達成
07/09 14:48 ポンドドル 1.51692 建値SL(+34.8pips)
07/09 14:00 ポンドドル 1.51520 × -17.2pips
07/09 12:00 ポンドドル 1.51520 建値SL(±0)
07/09 00:59 ポンドドル 1.51117 × -40.3pips
07/08 09:09 米ドル円 87.904 達成 これぞレンジブレイク
07/08 06:00 ポンド円 133.178 達成
07/08 03:00 ポンドドル 1.52096 建値SL(+30pips)
07/07 13:59 ポンドドル 1.51292 達成
07/07 13:14 ポンド円 132.245 達成
07/07 10:59 ポンド円 132.425 × -18pips
07/07 08:00 ポンド円 132.498 × -7.3pips
07/06 23:00 米ドル円 87.546 × -27.6pips
07/06 21:59 米ドル円 87.822 × -7.3pips
07/06 21:59 ポンドドル 1.51792 建値SL(+46.8pips)
07/06 19:59 ポンド円 133.536 × -103.8pips
07/06 16:59 豪ドル円 74.494 達成 一旦下げたがサイン継続
07/06 07:57 米ドル円 87.625 建値SL(+21pips)
07/06 04:59 ポンド円 132.803 達成
07/06 01:59 ポンドドル 1.51269 建値SL(+46pips)
07/06 01:00 豪ドル円 73.455 達成
07/02 09:19 ポンド円 133.305 達成
07/01 22:52 ポンドドル 1.51059 達成
07/01 17:35 ユロ円 108.759 達成
07/01 02:59 ユロドル 1.22642 達成
06/30 07:00 ポンドドル 1.50585 達成
06/29 17:25 ポンド円 133.145 達成
06/29 12:40 豪ドル円 77.131 達成
06/29 03:00 ユロドル 1.2278 達成
06/29 01:19 ユロ円 109.647 達成
06/28 13:00 豪ドル円 78.277 × 完全マイナス
06/28 09:59 ユロ円 110.681 × 完全マイナス


随時更新していきますが、スパンモデルのサインの確かさの証明かと思います。
尚、このサインは売買サインではありません。
あくまでも、赤と青のクロスを知らせるものです。
利益を伸ばす方法はもちろんありますし、また20pipsを超えたら建値にSLを置くことで
損失を防ぎます。


::7/6 携帯へメールの登録が7/3にリセットになっているのに気ずかず・・・
サインが漏れている可能性があります。
が、今のところ15のサインのうち完全にマイナスだったのは2回。
すぐに売りサインがでて、損切りドテンすれば、プラスでした。
7/6からは、サインに従って利益を出してます^^

::7/6-7/7は米ドルの動きをみても、完全レンジ相場なのは明確でしたのでやや×多し。
そういうときは、サインが頻繁に変わります。

::7/9のポンドドルにつきましても明らかにレンジでした。1.52-1.51のレンジです。
(米ドルも7/2-7あたりまで明らかにレンジです)
そして、15:59の売りサインで1.51を下に抜けてレンジブレイクすることになります。
検証を通じて、やはり
レンジではサインが頻繁に変化するので、その場合はラインを引き
レンジブレイクを待つ方が無駄なトレードをしなくて済む。

ここを間違わないことと

50pips以上利益が伸びたときは、利益確保のSLを置き、利益を伸ばす。
トレールがある場合はそれを使うといいでしょう。

「あまり気にしなくていいようだ・・」と始めた検証ですが、あまりに明らかなレンジで
入る必要はないですよね^^;
今回は、わかりやすいレンジでしたので、そこではもちろん参加していません。
明らかなレンジはグリーンにしています。
レンジか?否か?わかりにくい場合もありますが、そのときは参加して検証を続けます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://yutori.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/91
Listed below are links to weblogs that reference
スパンモデルのサイン検証 from 1000万貯めてゆとりの暮らし

Home>はじめてのFX > | スパンモデルについて >スパンモデルのサイン検証

Search
Feeds

Return to page top