Home>FXトレードノート >ポンドは保ちあいに入りつつあります

ポンドは保ちあいに入りつつあります

ここ最近はユーロドルを見ていたのですが、ポンドに動きがありましたね。
ポンド円は2月の初めから強気を示しています。売りの場面ではありません。
ただここへきて日足ではすでにボリン+3σに達しています。
134円というレンジの上限は超えてきましたが、調整してもよさそうな気も・・・

しかし、じゃじゃ馬ですから、まだ上への勢いが衰えたか?というとわかりません。
時間足は保ちあいに入りそうです。
note5.gif

緑のまるの遅行スパンが放たれたときに上が決定したわけです。
そのあたりでスパンモデルの買いサインももちろんでました。
この上昇をきっちりとらえています。

ただ134円というのは、レンジ上限でしたので買うのは怖かった場面でもあります。
けれど、買うのは怖くてもスパンモデルとボリンを見ていれば少なくとも売ることはありません
私はポンドはあまり売買しないのですが、ボラティリティが高い通貨ほどファンダ要素ではなく
チャートで淡々といかないと致命傷を被ることになります。


そして今。
オレンジ色のまるの場面です。
保ちあいに入ってきました。時間的にはそろそろ調整してもよさそうな場面かと思います。
遅行スパンが陰転してくれば売っていきたい。
とはいえ、調整下げをとる、という感じです。チャートは強気の上です。

ここ数日はなんだか気分が乗らず、放置しています(笑)
あ。豪ドルドルの押し目買いしていますが。
スクエアでいる期間を持てるようになっている。のはほんの少し成長したようです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://yutori.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/152
Listed below are links to weblogs that reference
ポンドは保ちあいに入りつつあります from 1000万貯めてゆとりの暮らし

Home>FXトレードノート >ポンドは保ちあいに入りつつあります

Search
Feeds

Return to page top