Home>FXトレードノート >ユーロクロスを注視しています

ユーロクロスを注視しています

note7.gif
ユーロポンド:時間足:ボリン

ユーロの政策金利発表が4/7。そこまではもみ合うのかもしれませんね。
利上げ期待で上がってきているのでしょうか?
そして結果を受けてどう動くのでしょうか?
と、ファンダを考えてもわからないので、、、、チャートを。

保ちあいに入っています。ボリンが収縮してやや下向きかけてる?
トレンドがでていないのでここは様子見。
この形状で入っても利益も薄いし、トレンドがでて大きな損切りになれば意味がありません。
遅行スパンがどちらに放たれるか?が重要です。
放たれた方についていくだけ。

クロス円は豪ドル円を筆頭にやや過熱気味。
調整しそうだけど、素人がそう思えばそうならないのが相場。
だから、根拠がそろってからエントリーするのがセオリーです。

ユーロクロス。売り目線ですが、先入観をもたずに遅行スパンを見ること。
(ってすでにけっこうな先入観もってるか^^;)


私のトレードについて、いくつか質問を頂いているので、
たいしたものではないけどまとめてみたいと思っています。
基本は日足と時間足。それに時間分析です。

小さな足はほとんどみていませんが、ポジションをとるときに見ます。
詳しくはまた書きますが、スパンモデルとボリンでうまくいかない方は
時間足の選択を変えてみるといいかもしれません。
それと時間足が長い場合(例えば日足でのトレード)利益幅も大きい代わりに
含み損になった場合もある程度の許容範囲をもたないといけない気がします。

時間足でトレードしているのに、SLを20pipsとかにすれば損切り貧乏になりやすいかと。
あとどんな場面でもどんな通貨でも20pipsとか固定するのもどうかな?と感じます。
SLというのは、やはり通貨の性格やポイントとなる値(レジスタンス・サポート)を意識して
置く方がいいかと思っています。

あくまで私の考え方です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://yutori.ciao.jp/mt/mt-tb.cgi/160
Listed below are links to weblogs that reference
ユーロクロスを注視しています from 1000万貯めてゆとりの暮らし

Home>FXトレードノート >ユーロクロスを注視しています

Search
Feeds

Return to page top